2018/05/08

1133【戦争体験記】『昭和二十年それぞれの夏』大学同期生七歳児たちの戦争体験記憶簿

 アジア・太平洋戦争が終ってここまで時間が経つと、戦争体験の無い世代が社会を動かしているから、戦争体験世代から見ると、危なっかしくてしょうがないことも、すらすらと世間に通る。ネット社会発言もそうだ。

わたしが学生だった頃の母校キャンパス風景と寮舎
戦争中は軍事研究メッカ、紙風船を飛ばしてアメリカ爆撃研究も

●大学同期生たちの戦争体験記憶

 最近、同世代連中と話をしていて、ちかごろ戦争体験が風化しているとの話になり、思い出したことがある。同期の大学寮仲間の戦争体験記憶を集めたことがあったのだ。
 2014年8月に大学寮同期仲間のメーリングリストを使って、語りあったのである。

 1961年に卒業しのだから、1945年の敗戦時は7~8歳児である。そして敗戦の日に居た場所は、北は満州、朝鮮、南は台湾、そして鹿児島から茨城まで、多様な地域に亘るのである。多様な地域での、多様な戦争体験がある。
戦争記憶簿に執筆した同期仲間たちが1945年8月15日にいたところ
実はそれらのメールをまとめたファイルがあるのだが、それをネット公開したらどうだろうか、公開価値があると思いついて、執筆した仲間たちに聞いてみた。
 ネット公開反対の者はないので、一部を修正したうえで、ブログを開設して載せた。

 「1945年8月15日あなたはどこで何をしていましたか」
   昭和二十年それぞれの夏 
七歳児たちの戦争体験記憶簿
東京工業大学1961年卒業向岳寮同期生有志著

●ネット公開は実名か仮名か

 ネット公開にあたって、公開そのものに反対はなかったが、多少の論議があったのは、元のファイルはそれぞれの執筆者名は実名であるが、公開にあたって実名とするか、仮名とするか、ということである。
 取りまとめ役のわたしがまたメーリングリストを通じて、最初にネット公開原案を示して公開の可否を聞いた。そこには執筆者名をとりあえずローマ字イニシャルにしたが、わたしだけは実名にしておいたのだ。

 そして実名にするかどうか、内容はこれでよいかと聞いた。内容については修正や追加の各自からの指示をそのまま入れた。
 執筆者名についての反応は、実名とするものは少数であった。わたしとしては、このような戦争体験記を公開するにあたって、内容に責任を持つために実名にする立場であるが、他に押し付ける気はまったくない。

 実名を出すべきでないとする意見が数名からあったが、どれもその理由は、ここから住所や電話番号等の個人情報を探り出す者がいて、年寄りのわが家に詐欺電話をかけてくるおそれがあるからという。イニシャルでも危ないからランダムに英字1字のみの仮名にすべきとの意見さえもあった。

 わたしの意見は、これは共同執筆ではなく、ひとりひとりの執筆の集合なので、全員をそうすべきとの意見には賛成しない、それぞれ執筆者の意向に沿うので支持をほしいとして、それぞれの意見に対応して個別に修正したり、そのままにしたりした。
 なにも反応ないものは、呈示した原案のままにした。

●ネットの功罪と高齢社会

 わたしたち世代は、ネット社会の草創期にはもう結構な年齢だったから、Eメールくらいはやるとしても、自分のウェブサイトやブログを持つもの、あるいはSNSを使うものは、かなり少数で珍しい部類に入るようだ。ネット社会とはある距離を持っている。
 それが自分の名前と文章がネット社会に登場するとなると、その功罪の罪の方に目が行くことになるのだなあと、興味深く思ったのだった。

 わたしは功の方がはるかに大きいと思っている。わたしがもう20年にも亘って、実名もメールアドレスも公表してネット社会へ発言してきたが、幸いにして不都合なことが起きたことは、一度もない。
「まちもり通信サイト http://goo.gl/TPE230
ふつごうよりもむしろ、わたしが載せた各種の論考等を読んだ研究者や院生学生から連絡をもらって、その研究になにほどかは役立つこともあるくらいだ。

 この戦争体験記もなにかに役立つことを願っており、そのサイトの問合せ先にわたしの名とメールアドレスを載せておいた。語り部として責任を持ちたい。
 ネット社会の登場で、リタイアしてリアル社会と遠ざかった老人たち、足腰弱って出歩けなくなった老人たちには、高齢社会のあらたな社会参加の場となっているが、これもそのひとつである。

●参照:「昭和二十年それぞれの夏
http://kgr36.blogspot.jp/p/blog-page_8.html

2018/05/04

1132【FAKEBAKA4月後半与太記事】甲州・信州花見旅、青森長寿防止先進県、懲戒させていただく、元号やめようよ等

4月16日【甲州花見旅】
毎年の花見をいつも同じところでやっていると、花は毎年同じでも、こちらは確実に変化していることを自覚する。動きが鈍いのだ。
 昔の人が言ってたなあ、「年々歳々花相似 歳々年々人不同」ってね。この漢詩の意味は、花見とは自分の老い具合を見に行くことだ、と覚った。

4月16日【fake baka問題】
ほらね、ヤッパリ、フェイクのバカなんだよ、アレッ、雑貨獏って馬鹿面つまりフェイスバカなんだあ、儲け上手のバカ運営者がいて、フェイクに騙されるバカ利用者がいて、とかくこの世はバカとバカ、バカは死ななきゃ治らな~いッ!

4月16日【安売り財務省、セクハラ役人、隠匿自衛隊】
財務・防衛・文科等の各省の役人たちが、懲戒処分を受けてもかまわぬと覚悟か、われとわが身を犠牲にしても、安倍内閣打倒プロジェクトを実施中!!、、か?

4月19日【今朝の新聞広告】
こりゃ、モリトモ問題でイジメられた「財務省」と、女性記者がイジメられた「テレ朝」とが、手を組んで安倍世政権打倒に立ち上がったんだな、たぶん、チガウ?
中央政府と地方政府の中枢あたりが、週刊誌のシモネタ記事のネタになっちゃうとは、それを喜んで買う読者がいるんだね。
ま、喜んで読む新聞読者もいるし、こうやってショウモナイFAKEBAKA記事にする奴もいるけどね。
それにしても、女性週刊誌って、ノーテンキなんだね。
週刊誌って、もう何十年も読まないけど、そういうものかい?

4月23日【信州高遠花見旅】
 今年の花見徘徊の遠出は、信州伊那谷の高遠に行ってきた。いまや散り舞う桜花の風景は、なかなかによかった。
 高遠さくらホテルの大浴場に、真昼間にゆっくりと、ほぼ借りきり状態で入ってきた。風呂を特に好きではないが、露天風呂の雰囲気が実によかった。
 露天風呂から花の城址公園も見えるが、浴槽脇の桜からはらはらと舞い散る花びらが、わたしの裸の肩に降りかかり、湯面に花びらが散り群れて揺れ、湯を掬うと花びらが掌を彩る。そう、花と混浴したのであった。さて花は何と思っただろうか。
 花見んと群れつつ人の来るのみぞ あたら桜の咎にはありける
           (西行作 能『西行桜』世阿弥作より)

4月24日【今朝の新聞:青森県が長寿ワースト1位】
この記事は間違ってるよ、短命一位の青森県はワースト1位じゃなくて、ベスト1位でショ、今の世の中では、、、。
長寿って幸せと同義語じゃなくなった今の日本、今や青森県こそ「長寿防止政策先進県!」、わたしも長く生き過ぎて不幸になりそうだ、弘前にでも引っ越したいなあ、いや、もう手遅れだな。

4月28日【国民党とは!?】
ふ~ん、じゃあ、略称「国民党」かあ、おいおい、蒋介石かよ~、共産党を敵に回して負けて逃げ出すかな、、。
wikipediaに曰く「国民党は、一般的には国家主義や民族主義などを掲げる政党である」、、ふ~ん。

4月28日
金沢街道道端の磨崖仏のなれの果て、「鼻欠け地蔵」は今や顔欠け胴欠け地蔵に、、。これはこれで歴史的風格あり、ヘンに復元しようなんて言わないでね。

日本語を知っている高齢者にも分る日本語にしてくださいな、地下鉄さん、
 銀行さんも、、

4月28日【2つの「処分させていただく」ニュース】
 昨日の夕刊、アソオ大臣がフクダ次官を「処分させていただく」と発言したニュース、今日の夕刊には、東大生協が宇佐美桂司の絵を「処分させていただく」とホームページに書いたニュース。
 さて、わたしがここでとりあげるのだから、その内容じゃなくて、その日本語がヘンだよなあって言いたいのである。処分にあたって「させていただく」なんて敬語を使ってへりくだるものかい?

 まず財務省の「懲戒させていただく」ニュース。
 不良役人を罰するのを「させていただく」とは、「世間が罰せよというから、皆様のご意向に従って、罰することにいたします」と、へりくだって言ってるんだよなあ、そうなのかい?。
 ま、そう思ってるんだよね、アソーさんて、正直バカな人だもんね、思ってることをすぐに言葉にしちまうからね。「言われたからしょうがないや、次官さん、処分させてちょうだいね」とかってね。

 次は東大生協の方の「処分させていただくニュース。
 この「処分」とは、罰するんじゃなくて「廃棄する」という意味で言ってるとすれば、誰かに廃棄せよと言われたので、「お言葉に従って廃棄いたします」ってへりくだっているのだけど、そういうことなの?
 まさか東大生協ともあろうものが、その有名画家の絵を「廃棄処分」する、なんてバカなことをしないだろうから、ここはどこか誰かに「譲渡処分」か「売却処分」するってことだろうと思うけどなあ、そういう意味でショ、え、違うの?

 ところで、「処分」の意味は、実に広いのであり、世間一般常識的に思うような「罰する」とか「棄てる」とかマイナスの意味は、ほんの一部に過ぎない。
 でも、「処分させていただく」の意味は、ここの様にマイナスの意味の時は奇妙だよなあ、いまに、「死刑にさせていただく」って判決文を書く裁判官が現れるかもなあ。

4月29日【カリフォルニヤ歌人登場】
今朝の朝日新聞歌壇に、カリフォルニアに住む大学山岳部同期生の歌が載っている。3月にも入選した。
40年以上あちらに住んでいて、話すと日本がおかしいのに、こんな歌を詠めるのかと感服するばかり。

4月30日【元号なんてもう止そうよ】
だからさあ、何度も言ってるけど、元号なんてモノを、役所が使うのやめようよ、日常生活に困るんだよ、いいかい、来年からの元号だって、20年くらいでマタマタ変えなきゃならないんだよ、またドタバタやるのかい、無駄なことだよなあ、分ってるのかい?、

元号なんてのは使いたいやつだけが、勝手に使えばいいんだよ、
それが役所で使うもんだから、
いちいち西暦と換算しなけりゃならんのだけど、
歳とるとそれがパッとできないんだよ、
先日も同期生からメールで、2014年のつもりで平成14年なんて
書いてくるバカがいて、こんがらかったよ、
それにしても意外にも若い奴に元号使うヤツがけっこう多くて、
だから国際感覚に欠けてるんだよ、
なんて年寄り愚痴説教してもしょうがないな、
まあ、わたしは来年には死ぬかボケていて、
この問題は解決済みのはずだから、どうでもいいけどね。

4月30日【怪しい日本語】
 左上の張り紙には、「店内ではご遠慮願います」の一覧は、「ペット持込、店内撮影、禁煙、ご飲食」である。
 「禁煙ご遠慮」だから「喫煙奨励」のお願いとなるが、近ごろの禁煙流行に敢然として抵抗するとは、なかなか気骨のある店である。
ところで、その下には「写真OK」の張り紙、え~と、先ほどの「店内撮影ご遠慮」とこれとは矛盾しないのかしら?、小さい字になにかその留意事項があるのかと読めば、写真撮ってSNSに載せろと英語で書いてある。
 ということで、この写真は上の「ご遠慮」貼り紙じゃなくて、下の「写真OK」貼り紙に従って撮って、fake bakaに載せた。
 この店の名前は、「ダイソー伊勢佐木町店」である。気骨ある店なのか、それとも単なるバカなのか?

2018/04/30

1331【戯報新聞スクープ】2019年5月1日から和暦の新元号は「西暦」(セイリャク)と決定

 政府は、来年5月からの新元号は「西暦」と定めると発表した。

 政府は2019年5月1日に改元をするにあたって、国民生活に影響が大きいので新元号発表を早期に行うべきとして、本日のスカ感冒長官の汽車会見で、「西暦」とすると発表した。

 政府は、新元号の「西暦」を「セイリャク」と読むこと、その元年を2019とカウントすること、今後は改元を一切行わないこと等を定めるのに必要な法整備を図るとしている。
 これにより、和暦元号と西暦を併記するときは、次のようになる。
  2018年(平成30年)  
  2019年(西暦2019年)  
  2020年(西暦2020年)
  2021年(西暦2021年)
    ・
    ・
  3001年(西暦3001年)
とするので、和暦と西暦の間の実用上の混乱問題は解消する。スカ感冒長官は「まったくモンダイない」と繰り返し強調した。



 改元について政府は、元号委員会(委員長・伝統文化大学の板本義大夫名誉教授(種子学))に諮問して、本年4月1日に「西暦」とするとの答申を受けていたが、特別秘密情報に指定していたものをこのほど解除した。

 板本委員長の話。「これまで日本では和暦と西暦が混在しているために、種々の混乱を招いている現状から、元号和暦廃止論が多く、その一方では伝統を重んずる立場から維持論も強いので、おおいに悩んだが、どちらの意向も満足する名案が、「西暦」という元号である。「暦」がつく元号は、日本史上で13回も使われているので、伝統を重んじていることは確かである」

 板本さんによれば、これまでに暦の字を使った元号は、延暦(782-806)、天暦(947-957)、正暦(990-995)、長暦(1037-1040)、治暦(1065-1069)、承暦(1077-1081)、元暦(1184-1185)、建暦(1211-1213)、文暦(1234-1235)、嘉暦(1326-1329)、康暦(1379-1381)、宝暦(1751-1764)、明暦(1655-1658)であり、康暦と明暦は暦をレキと読み、そのほかはリャクと読むそうである。

 野党の立件民主党の枝葉雪男さんの話。「政府が急に発表したのは、このところの林友学園事件、家計学園事件、公文書秘匿および偽造事件、あるいは南北米階段で蚊に食われて国際的地位低下などで、政権支持率が低下するものだから、新たな話題をでっちあげることで国民の目をそらそうとして、無理に繰り上げて公表したのだろう。改元によるおめでた騒ぎ中に解散に持ち込む「改元解散」を目論んでいるとすれば、まさにセイリャクであり、王室の政治的利用の憲法違反、断固反対、即刻撤回すべき」
 
 保守論客の桜田あし子さん(65)の話。「このようなご都合主義の新元号は、王室を侮辱するものであり、即刻撤回しなさい。今後このようなことが起きないように、元号も西暦も撤廃してしまって、和暦としては神武歴のみ使うようにするべきだ」(*神武歴では西暦2020年は紀元2680年)

 横浜市に住む無職の町森散人さん(88)の話。
「廃止が一番よいのだけど、まあ、これで和暦と西暦の間の換算計算しなくて済むので、暗算の苦手な年寄りや子どもは助かります。ネパールを見習って王制廃止すれば問題はいっきょに解決するのになあ」

 ネパールから来た観光客のサンタバ・シェルパさん(35)の話。「あれ、日本にはまだ王様がいるのですか。元号も面白いけど、この際、ネパールのビクラム歴に合せてくれればよいのに、でも、西暦と57年しか違わないので、今よりももっと混乱しますね」(*ビクラム歴では西暦2020年は2077年)

●参照元号関連駄文:1309【終活余談】あきひとさんの終活でちょうどよい機会だから日ごろ面倒な「元号」をもうやめてちょうだいな
https://datey.blogspot.jp/2017/12/1309.html

2018/04/20

1330【2018花見旅その2】信州高遠は城址公園だけが花見じゃないし城下町の風景もある

 
関東の桜が花見時期を過ぎたので、甲州の桃源郷花見旅を経て、信州の高遠へと花見旅の足を延ばした。
 信州伊那谷の高遠、名所の高遠城址のコヒガン桜の林は、まだ花が開いていたが、それでも散り時を迎えており、花吹雪鑑賞をしたのであった。満開もよいが、散る桜もよいものだ。
 朝早く訪れたので、花見客にまだ踏まれない地面に、花びらを敷き詰めたピンクの絨毯がひろがり、花の天蓋からピンクの雪が降るのを楽しみ、人々が多くなる前に退散した。
花散り敷く朝の高遠城址公園
城址公園の外に出たところで、高遠美術館に久しぶりに入ろうかとおもって、大きな今日の展覧会案内看板を見たら、「矢代亜紀展」とある。ハテ、だれだっけ、唐突に頭の中に「♪誰も知らない素顔の八代亜紀♪」と出てきた。ああ、演歌歌いだったな。演歌みたいな絵なら、私の好みじゃないから入らなかった。
 いま、WIKIで見たら、矢代はたしかに演歌歌いであり、「誰も・・・」を歌ったのは嘉門達夫とある。矢代はフランスのなにやらに入賞する腕前の画家であるそうだ。
 ほんとうは上手い絵描きなのに、まったくの偏見で入場客をひとり逃したことになる。

 今年は信州でも、いつもよりは7日ほど早く咲き散る花見だったようで、期せずして散る桜を求めて、団体バスが次々とやってきていた。団体客の流入が満開タイミングを逸したので、今年の地元観光産業は当て外れだったらしい。
 
 だが、高遠の桜は、城址公園はそれなりの名所ではあるが、わたしの好きな高遠の桜の風景は、町のもっと別の内外にあることを知っている。それは、わたしがこの町を訪ね、泊まのはすでに7回、そのうち花見は4回にもになっているからだ。
 旧友夫妻がここに第2の生活拠点となる家を構えていて、そこに2、3泊させてもらうのだ。10年ほど前、古民家を買い取って改装し、川崎の第1の生活拠点と行き来して過ごしている。いつ訪れても、ゆったりと暮らしている。

 その家から花の名所の城址公園まではゆっくり歩いて15分ほどだが、その喧騒とは無縁ながらも、その家のまわりにはごく自然に桜の花が咲いているのである。



わたしは花の高遠に訪れるといつもフラフラと徘徊して、その途上で行きあたりばったり出会うそこここの桜を愛でるのである。
 特に高遠湖の周りをぐるりと回れば、穏やかな農村風景に桜花が、美しい点景をつくりだしていて、それが次々と展開していくのを眺めつつ歩くのは実に楽しい。
 それは歩けばこそ楽しむことができる風景であり、車の速度ではほとんど意味がない。坂を上り下りするから、自転車でもよいかもしれない。
 東京上野公園や高遠城址公園の満開の桜の下の狂気の喧騒を嫌いではないが、静かに桜花をめでつつ徘徊するのも、実にいいものだ。





 高遠って城址公園の桜が有名過ぎて、この町で観るべき風景は、桜花しかないように思われている節があるが、実は城下町としての歴史があるから、それなりに街並みも見るべき風景を持っている。
 そのことは、「高遠:天下一桜と歴史的街並み(相羽満里子 1988)」と題する雑誌記事に詳しいので、そちらに譲ることにする。

 今年の高遠花見旅は、甲州からまわったので、茅野駅で下車、花の季節に通う高遠行路線バスに乗って行った。急な杖突峠を越えて行くルートには、処々に桜が色を添えていて、それも愉しいのであった。
 もちろんこのバスばかりではなく、この季節の列車の旅は、窓から桜や桃や杏や梨などの花見ができるから嬉しい。行き帰り共に窓からの花見をしていて、暇つぶし用に持っていた文庫本を、3ページも読まなかったのであった。
 団体バスや乗用車であわただしく来て、名所をいくつかあわただしく見て、あわただしく帰るのではなくて、バスや列車で行き帰りにゆったりと花見しつつ、ゆったりと宿泊してはどうかと思うが、それは閑老人の勝手な言い分である。
花咲き山笑う街道脇
あ、そうだ、高遠さくらホテルの大浴場に、真昼間にゆっくりと、ほぼ借りきり状態で入ってきた。風呂を特に好きではないが、露天風呂が実によかった。
 露天風呂から城址公園も見えるが、浴槽脇に桜の花が咲いていて、はらはらと舞い散る花びらが、わたしの裸の肩に降りかかり、湯面に花びらが散り群れて揺れ、湯を掬うと花びらが掌を彩る。
 そう、花と混浴したのであった。さて花は何と思っただろうか。

 花見んと群れつつ人の来るのみぞ、あたら桜の咎にはありける
         (西行作 能『西行桜』世阿弥作より)

 さて、信州高遠の花見の後は、まっすぐ帰ろうと思っていたが、時間があったのでまた甲州に途中下車してのであった。そこで面白い景観に出会った。
(つづく)  

2018/04/17

1329【FACEBAKA与太記事4月前半】花見、自衛隊隠匿情報、横須賀再開発探訪、甲府から見る冨士山、楽な役人仕事

2018年4月4日
「お花見限定 芝生内にお入りいただけます」
こう書いてあるけど、見ただけで読まないで、
「入っていけない」と書いてあると思い込んで、だれも入っていない。

4月8日
【ほのぼの自衛隊】
へえ~、自衛隊って、お優しいんだね~、
「探せ」って命令を、こうグダグダ書くのかあ、
「おつかれさま」なんて、元来の使い方を知らない
ガキの使うネット言葉だと思ってたら、
今やれっきとした官庁の公用文書に使うのかあ、
 もしかして、「おつかれさまです、恐縮ですが、
これから戦争しますので、戦っていただけますか、
よろしくお願いいたします」って、
戦争を始めるのかなあ、
まあ、威張る軍人になっては困るから、
これで安心しましたけどね。
 ただね、どこか常識が無い感じもあるなあ、
イナダウヨクネエチャンも、こんなのを相手じゃあ、
困ったんだろうなあ、同情します。


4月9日
【横須賀汐入再開発の前と今】
1985年
2018年

4月9日
【横浜三渓園花見】
花吹雪の三渓園、お似合いツインタワーは健在

4月13日
【甲州の霊峰富士を甲府で眺める】
甲府城鐡門前から眺めているが、
これは甲斐の国らしい迫力ある景観だなあ!、、?

甲府城址天守台から眺める、近景と遠景の対比、
水平方向と垂直方向の調和なんて、
なかなかによくできた景観計画だと思うよ、、、?。

4月13日
【高遠で花見】春はやっぱりここだ
城址公園では、散りゆく花、花の天蓋、花の絨毯、花の吹雪
薬師堂の枝垂れ桜はいまが満開

2018年4月14日
【国会モリカケ・イラク日報論議】
日本の政府の仕事って、こんなにも忘れっぽい人たちとか、
こんなにも文書管理の下手クソな人たちでも、十分に勤まって、
あんなにエライ地位になるんだから、
高給で楽な仕事なんだな、羨ましいなあ

2018/04/15

1328【2018花見旅その1】関東の桜が散ったので甲州の桃源郷へ


 今春の花は、去年よりも10日くらい出足が早くて、慌てた。いや、慌てるほど重要なことでもないが、うっかりすると1年待つことになるから、どうも慌てたくなる。
 なにしろ来年があるかどうか怪しい歳になったのだから、できる能力あるうちにやっておくのだ、なんでもね。
 まずは3月25日、北鎌倉に宝庵開きに行き、ついでに明月院にも寄ったが、ちょっと早すぎた。谷戸の奥の春は遅い。 
宝庵春景色

 次は母校キャンパスで去年よりも1週間早い3月28日、これは満開だった。
母校キャンパスの静かなにぎわい

 その次が4月1日、隅田川の堤に行ったが、ほとんど散って葉桜だった、早すぎる。カメラにSDカードが入ってなかったドジ。
 そして4月3日、横浜三渓園に花吹雪を見ようと出かけたら、まさに散る花びらが美しく、でも枝垂れ桜はちょうど満開、なかなか良かった。
わたしが好きな三渓園ツインタワー風景、桜が池に吹雪に散る

 もう近場での桜の花見をあきらめて、4月10日に甲州の穴山に桃の花見に出かけた。ここらあたりは桃源郷である。見上げると視界は桃の花でピンクに染まり、足元は菜の花の黄色で染まる。更に梨の花が真っ白に咲き誇る。
塩山あたりの梨の花

 桃の花は花見のために咲かせるのではなくて、桃の実を栽培するために咲かせる。そのためには目いっぱい咲いた花を適当に間引きする。その摘花後は花の密度が下ってちょっと薄くなるが、それでも一面の桃源郷である。
桃の木を手入れ採取し易く横に広げ、摘花して粗い花密度にする

 毎年、昔仲間が集まって、花の下の菜の花の草原で、自前の天ぷらを揚げながら、山賊の花見宴会をするのだ。もう何年やっているだろうか。
 そうそう、初めのころは駅から1キロ余り歩き、更に高さ50mくらいの新府城址に登って、ピンクに広がる桃源郷を見下ろし、雪の八ヶ岳を遠く望みながら、天ぷら宴会をやっていたものだ。
元気に新府城跡に登っていた頃の宴会場からの桃源郷風景

 そのうちに城跡まで登るのが辛くなってきて、その麓の畑の中でやるようになった。
 それがいまでは、駅近くの畑の中でやっている有様だから、歳は争えないとはこのことである。
花見宴会場全景  菜の花の中に座り込む


実は毎年の穴山花見のホスト役をやってくれる森博士は、視覚障碍者道案内ロボット研究者だから、花見はその一年間の研究成果の発表会になっている。花見で遊ぶだけではないのだ。
 ロボット開発の始めはコンピューターつき自走式電動車椅子だったのが、研究が進むにつれてコンピュータつきは変わらないが、手押し式車椅子になり、手押し式3輪車になり、今は手押しババ車になり、次第に軽装簡易化する進化過程を経てきている。
森博士による路上走行実験と資料検討する花見男たち
毎年の花見をいつも同じところでやっていると、花は毎年同じでも、こちらは確実に変化していることを自覚する。動きが鈍いのだ。
 昔の人が言ってたなあ、「年々歳々花相似 歳々年々人不同」ってね。この漢詩の意味は、花見とは自分の老い具合を見に行くことだ、と覚った。
 実はこの後につづいて信州の花見に行くのだが、そこでもこれを感じたものだ。
つづく

2018/04/05

1327【FACEBAKA与太記事2018年3月後半)雪見、花見、茶席「宝庵」開き、ガンモドキ治癒、アホバカスマホ、

2018年3月後半 フェイスバカ与太記事まとめ


3月19日
ある四半世紀差の風景
(いいね!のひと15人、悲しいね!のひと2人)


3月20日
「日光角化症」の塗り薬治療、去年から8カ月も続いたけど、19日に最後の診察で治癒との診断、ヤレヤレ、やっと終わった。別に辛い治療じゃないけど、一定ルールで長期間にわたって薬を塗るって、面倒だし気になるし憂鬱だった。
 でもなあ、陽を浴びたのがいけない、それが癌の元になるから治せなんて、今ごろ言われてもなあ、昔は太陽にあたれって言われたもんだぞ。
 まったく偶然に発見したガンモドキ、陽に当って遊んだあなたもアブナイかもよ。

3月21日
おお、雪だよ、吹雪だよ、お彼岸の中日だってのに、
政治のあまりの乱れに、天も嘆いて氷の涙を降らせるか、、



3月23日
ふ~ん、どこか知らないけど、投票するひとたちって、
なんだか奇妙な面白いお方を、当選させるものだねえ、

3月25日
また言葉狩りかよ~、痴呆を認知と変えて妙なのに、こんどは徘徊をいけないという、
迷い人とでも言うかい?、徘徊を目的に歩く私はいけない人?

3月25日
【北鎌倉 宝庵】プレオープン
幸せな茶室建築である。1934年にできてから84年、、初代オーナー関口さんと2代オーナー榛沢さんに愛され、大切に維持され使われてきたが、このたび3代目のオーナー浄智寺さんもこれを愛し、日本の伝統文化の活動の場として、一般に公開して活用なさるとて、化粧直しをして今日はプレオープン、4月1日正式オープン。
●宝庵由来記(伊達美徳)https://sites.google.com/site/dateyg/houan

3月26日
上手い答弁

スマホアホバカ

3月27日
【茶席宝庵開き茶会】それにしても、客も裏方も女性ばかり、男はわたしの連れが3人、他にチラホラ見えたが、圧倒的に和服アマゾネス軍団であった。茶会とは今やそういうものなのか。
 たしかに、歌舞伎も能楽や文楽も見物やお稽古には、圧倒的に女性が多いから、日本伝統芸能文化は女性によって支えられていると言って過言ではない。
 そのアマゾネスのひとりに、山口文象ファンがいたのには驚いた。デザイン系の学生という可愛い乙女は、久が原の山口邸を訪れる機会があって、それを契機に文象ファンになったという。
 建築家山口文象そのものが忘れられるときに、これはまた通の好みだねえ、良い趣味だねえと、ちょうど一緒にいた山口文象高弟の小町和義さんと共に、老爺ふたりは嬉しくなり、大いに褒め讃えたのであった。
https://datey.blogspot.com/2018/03/1326.html



3月27日
ウチの桜も御室の桜、花(鼻)低く過ぎて、眼下に見下ろす




2018年3月28日
 昨日は絶好の花見日和でした。
 母校キャンパスは花盛り、ウッドデッキの花の広場は、若い母親に連れられた幼児たちが走り回っています。車椅子の老人たちもいます。わたしたちのようなヨロヨロ老人もいます。頭にすっぽりとムスリムのスカーフをかぶり、華やか色彩の民俗衣装の女性たちもいます。
 上野の山のような非日常の超俗っぽい花見もキライじゃないけど、この花のキャンパスは、なんだかいつも桜が咲いてる日常の場のようで、ゆったりとする空間です。満開の花の狂気が薄い。
 咲くには咲いても、さすがに齢60数年の老化著しいヨレヨレ桜のせいか、花の密度が薄い感がします。花と花の間が透けていて空が見えすぎるのです。まあねえ、歳だもんなあ、しょうがないか。